AWS運用labo

awsの運用では監視が重要な理由とは?

awsを利用するときには運用体制を整えることが重要です。業務を滞らせることなく、従業員に快適に利用してもらえる状況を維持するためにはどうしたら良いのでしょうか。awsの運用では監視業務が重要と言われています。

その理由と具体的な方法について簡単に紹介するので、導入時の運用体制を検討するときには参考にして下さい。

監視業務とは何か

awsの運用における監視の重要性について理解するためには、そもそも監視業務が何なのかを知る必要があります。監視業務は運用しているサーバーにトラブルが起こることなく安定的に利用できる状況かどうかを確認する業務です。

一般的にはただ状況を確認するだけでなく、トラブルが発生するリスクがあるときには未然に防ぐ対応を行い、障害発生時には復旧に努めたりすることや、快適に利用できるようにサーバーのリソース配分を変更することも監視業務に含みます。

サーバーを運用するときには、サーバー上に構築されたプラットフォームやアプリケーションなどを快適に利用できる状態を維持することが欠かせません。ただサーバーを動かしているだけではサーバーの特定の部分に負荷がかかったときにサーバーがダウンしてしまったり、トラフィックが混雑してしまったために速度が低下したりするなど、様々なトラブルが起こり得ます。

サーバーの状況を常に監視して、快適に使えるようなリソース配分をしつつ安定運用ができるようにすると誰もが安心して利用できるでしょう。業務システムを運用しているときなどには、トラブルが起こると業務が止まってしまうことになります。

そのため、常に安定動作させられるようにするための監視が必須になっています。

awsで監視は必要なのか

サーバーを安定して運用できるようにするために監視が重要になりますが、クラウドサーバーであるawsを運用するときにも監視は必要なのでしょうか。クラウドサーバーではユーザーに対してサーバーの一角を割り当てる仕組みになっていて、その内部については全てユーザーが責任を負う仕組みになっています。

awsにおいても割り当てる領域の内部についてはユーザーがセキュリティーを含めて全て担当するのが基本です。そのため、割り当てられた領域内の監視は常に行う必要があります。ただ、awsを利用すればサーバー本体や割り当てられる領域全体についての監視は必要がありません。

awsではこの切り分けを明確にしていて、サーバーのハード側の監視や、割り当てている領域全体の監視はawsが責任を負っています。物理的にサーバーが破損してしまったようなときにもすぐに割り当てる領域を変更して使える状態にしてもらうことが可能です。

awsでは複数の地域にデータセンターを設置してサーバーを運用しているので、災害が起こった場合などにも短時間で復旧してもらえます。その点でハード面についてはawsを使う限りはほとんど心配する必要がありません。

awsで監視が重要なのはなぜか

awsで割り当てられた領域の監視が重要な理由も確認しておきましょう。awsではエラスティックな領域を提供してくれているのが特徴です。例えばストレージが不足してしまったときには通常は運用上のトラブルが発生してしまいます。

しかし、awsではストレージが不足したときにはすぐに新しい領域を割り当てて不具合が生じないようにフォローしてくれます。その代わりに利用している領域に応じて課金される仕組みになっているのが特色です。そのため、監視をしてリソースを適正に配分していかないと、いつの間にか利用料が高くなってしまって苦しいことになりかねません。

このような従量料金制になっているのはストレージだけではなく、サーバーの速度に関わるCPUやメモリなども該当します。そのため、awsを利用するコストパフォーマンスを高める上では監視をして適切に運用することが重要なのです。

また、前述のようにawsは割り当てられた領域内でのトラブルに対して一切の責任を負いません。トラフィックの混雑によってサーバー障害が生じてしまったときなどにも自前で対応することが求められます。大きなトラブルになる前に対応できるような形で運用しなければならないのは明らかでしょう。

トラブル発生時の対応も速やかにできるようにするには常時監視が必須なのです。

awsで監視をする二つの方法

awsの監視では二つの方法から選ぶのが主流です。一つは常時監視を担うエンジニアを雇用して監視させる方法です。必ずしも正社員として雇用したエンジニアに対応してもらう必要はなく、アルバイトや派遣社員を利用して対応することもできます。

もう一つは業務委託によって監視をする方法です。サーバー監視を業務としている専門業者に依頼すればawsの運用にも対応してもらえます。awsに特化している業者もあるのでうまく活用して社内負担を軽減するのも良い方法です。

また、業務委託ではフリーランスエンジニアを利用することもできます。専門業者に依頼するよりも委託費をかなり抑えられるので合わせて検討してみるのが大切です。優秀なフリーランスエンジニアを見つけられれば大幅に業務コストを抑えられます。

悩んだときの対応方法

awsの監視方法で悩んだときには長期プランを考えてみるのが賢明です。外部委託をした方がすぐに安心できる監視体制が整えられます。社内のエンジニアがawsの運用や監視の経験を持っていればスムーズに対応できますが、経験がない人ばかりの場合や新しく人材を採用しなければならない場合にはもたついてしまって運用の不安が生じるでしょう。

しかし、長期的に見ると委託をするよりも社内で監視できるようにした方が費用を抑えられます。現場の状況に合わせた柔軟な対応もできる点も考慮すると、可能であれば社内エンジニアに監視してもらう仕組みにするのが合理的です。

まずは外部委託をして安定して運用できる基盤を作り、その業務を引き継いで社内で対応できるようにするのが理想的でしょう。

awsの監視をして適切な運用をしていこう

割り当てられた領域内の対応はユーザーが責任を負う仕組みになっているawsを運用するときには監視をすることが欠かせません。滞りなく運用できるようにするには社内エンジニアに常時監視させる仕組みを作るのが理想的です。

すぐに対応するのが難しい場合には当面は外部委託によって監視を行い、だんだんと社内に移行していきましょう。

関連リンク...CloudCREW - クラウド運用代行

Scroll To Top